dヒッツはドコモの定額制音楽配信サービス|曲数は?料金は?

dヒッツ

dヒッツは450万以上の曲数の中から好きな音楽を聴くことができる定額制のドコモの音楽配信サービスです。dヒッツは国内アーテイストの楽曲がとても豊富なのでJPOP好きな人などにも人気があります。そこで、dヒッツがどんな特徴があるのかやどのようなサービスなのかという点等について、具体的にご紹介してみたいと思います。

▼公式サイトはコチラ▼

dヒッツ

ドコモの音楽配信サービスdヒッツとは?

dヒッツはドコモが提供している音楽配信サービスになります。月額300円と500円という定額制ストリーミング音楽配信サービスのdヒッツは定額で音楽が聴き放題というサービスです。基本的にはネットに接続して聴くというスタイルの音楽配信サービスですが、端末に音楽をダウンロードすることもでき、好きな音楽を楽しめるというサービスなのです。
Dヒッツはレコチョクとの共同運営で、約450万曲以上の曲数を聴くことが可能です。多くの曲を聴くことができ、月に300円や500円というとてもリーズナブルな価格なので多くの人が利用しているサービスです。このサービスはドコモユーザーでなくても利用することができ、だれでも登録できるようになっています。dアカウントを作成する必要はありますが、無料で作成可能なので安心です。dヒッツは国内アーティストの曲数が多いという特徴がありますので、邦楽好きな人にとってはぴったりのサービスです。

dヒッツは450万曲以上聴くことができる

dヒッツはリーズナブルな月額料金で450万曲を超える曲数から好きな楽曲を選択して聴くことができます。レコチョクと共同運営されているサービスなので今話題の邦楽やポップな流行曲、人気アーテイストの曲など、豊富なチョイスの中から好きな曲を選べます。レコチョクは月額980円で650万曲もの曲を聞き放題できるサービスを提供していますが、月額料金がちょっと高そうという場合にはドコモの月額300円や500円プランはリーズナブルです。
dヒッツを使うメリットはやはりリーズナブルに楽曲が聴けるという点と言えます。そうなると、聴ける曲数が少ないのではないのだろうかと思われるかもしれません。けれども。dヒッツは450万曲もの曲を聴くことでき、それだけでなくプログラム数が6000以上という数もあるので、国内のアーティストの曲を聴きたいという場合にはとてもおすすめのサービスです。
他の音楽配信サービスと比べても、リーズナブル価格でたくさんの曲数を聴けるということが大きなメリットです。

dヒッツには500円と300円のプランがある

dヒッツには500円プランと300円プランの2つの種類があり、選べるようになっています。ではこの200円の差とはどのようなものなのでしょうか?この点については月額500円のプランはMyヒッツというお気に入りの楽曲のリストが作成可能という点なのです。月額500円のプランは、毎月10曲までMyヒッツというお気に入りの曲にダウンロードして好きな時に再生することができるのです。毎月10曲まで選べて、有効期限は6ヶ月なので、最大60曲をお気に入り登録することができます。お気に入りに登録しておけば、再び450万曲の曲数からその曲を探す必要もありませんのでとても便利です。差額が200円ということもあり、500円プランを選択する人も多いということなのです。
音楽アプリで500円という価格で利用できるというドコモのサービスは他の音楽配信サービスと比べてもかなり安いでしょう。多くの音楽アプリは月額1,000円くらいはしますので、邦楽をたくさん聴きたい方でできるだけリーズナブルな料金で聞き放題サービスを利用したいという場合にはとてもおすすめのサービスです。

dヒッツはプログラム単位での配信される

dヒッツは450万以上の曲数から好きな音楽を選んで聴くことができるドコモの音楽定額サービスですが、このサービスで音楽を聴く場合、一曲ごとに聴くのではなくて、プログラム単位で考える必要があります。Dヒッツでは曲は一曲事ではなく何曲かまとまったプログラム単位で配信されています。
これは、ある人気シンガーの曲を聴きたい場合、配信プログラムごと聴く必要があるということになります。そのため、目的の曲を見つけタイという場合、まずプログラムからその曲の順番までスキップしながら探して聴くということなのです。dヒッツはその楽曲や歌手名で簡単に検索可能ですが、その曲が聴きたいという場合はこうしたプロセスが必要と言うことなのです。この配信プログラムは約5000あり、豊富なコンテンツを楽しめるということなのですが、特定の曲だけ聞きたいという場合にはその曲まで曲をスキップしながら進むということなのです。
そのため、慣れないうちは面倒に感じられるかもしれないという点が挙げられます。けれども、dヒッツはリーズナブルな月額価格で曲も聞き放題というメリットがあり、お得な料金で450万曲以上の曲数から選んで聴くことができるため、慣れてしまうとあまり気にならないと言えるでしょう。

dヒッツを利用する時には通信料についても考えておこう!

dヒッツは300円や500円の定額制音楽配信サービスです。基本的にこのサービスの利用料金は他社の音楽配信サービスに比べるととてもリーズナブルというメリットがあります。ただ、dヒッツで曲を聴く時には通信料はかかるため、曲を聴くごとに通信容量が消費されるということなのです。
ただ、この点はどの会社のサービスを利用しても知っておくべきことでもあると言えます。dヒッツでも同様に、定額制だからということで長時間聴き続けてしまうと、思いもかけなかったデータ容量が消費されるということもあるのです。一つのプログラムを全曲通して聴く場合には、約148.2MB(音質128kbpsのケース)であったり、約340.0MB(音質320kbpsのケース)というようになっているのです。これらはあくまでも目安ですが、音質が良いと消費されるデータ容量は大きくなると言った傾向もあるのです。音質は設定できますので、変更可能です。ひと月あたりのデータ容量をデータSパックという2GBで利用すると、同じプログラムを繰り返し聴いたら、14周聴いたくらいで、2GBを超えるでしょう。
それが心配という場合には次のような方法でデータ容量を節約することができます。まず、
ドコモ光などのWiFi環境を整えるということです。WiFi通信することによって長時間聴いても容量が節約できるので安心できます。そして、Myヒッツに好きな楽曲を登録している場合は、キャッシュが自動的にダウンロードされるために、そこから再生されて容量を節約することができます。
こうした方法を用いることでできるだけ通信によるデータ容量の消費を節約することでより便利によりお得に使えます。

まとめ

dヒッツは450万曲を超える曲数の中から好きな音楽を聴くことができるドコモの音楽定額配信さ―ビスです。特に邦楽が充実しており、毎月300円か500円のプランを選んで利用することで、好きな音楽を楽しむことができます。dヒッツはプログラム単位で楽曲を聞くというスタイルのサービスですが、他の音楽配信サービスよりもお得な料金で利用でき、WiFi環境などを整えることで通信のためのデータ容量を節約しながらお得に楽しむことができます。

▼公式サイトはコチラ▼

dヒッツ